キャストの値引き目標相場と、下取り査定額をアップさせる方法を紹介しています。

MENU

このサイトでは2017年4月新車購入時の値引き目標額と、購入見積と下取り見積もりを無理せず取得してキャスト購入額を抑える購入レポートを紹介しています。

キャストの購入は総額で下げる!

キャストはディーラーダイハツが取扱しています。
2015年9月9日デビュー。
2016年6月20日、「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3モデル共にカラーバリエーションが拡充され、4WDの最低地上高をアクティバ:180mm、スタイル&スポーツ:150mmに引き上げています。
アクティバはブラック/レッドステッチ、スタイルはホワイトのレザー調シートでベースは「G」と「Gターボ」で、そのグレードと差別化をはかった特別仕様車。シートヒーターやスーパーUV&IRカットガラスなど快適装備も充実。

キャストの2017年4月での最大値引き額はおよそ15万円が値引き目標金額です。

(新車価格表と中古車相場はサイトの一番下に掲載)

 

 本体値引きは拡大傾向にあります。用品値引きも積極的に突いていきましょう。アクティバはハスラー、スタイルはムーヴキャンバス、スポーツはアルトRSとライバル競合を展開。トヨタへのOEM車のピクシスジョイとは、用品値引きをメインに兄弟競合をおこないましょう。

最低でも5万円、もしくはそれ以上の値引きをした上で購入したいところです。ですが、

「値引き交渉の話を出すと嫌がられないかな?」
「何件も回って相見積もりを取るのはめんどくさそう」
少しでもそうお考えであれば先をお読みください。

 

今まさにキャストの購入を検討していらっしゃるのでしたら、販売店との良好な関係を保ちながら少しでも値引きを成功させるために、前もって準備しておくことをおすすめするポイントを2つ紹介致します。

 

これは実際にお店へ行く前に準備をしているかどうかで、値引きの交渉をする際に大きく影響してくる部分なのでしっかり準備してください。

これから、キャストの値引き額を調べて、

支払い総額を引き下げる確実な方法を紹介していきます。

 

インターネットを使い自宅に居ながらでも簡単にできる購入見積の取得方法と、下取り買取査定金額の見積の取り方を説明致します。この2つだけでも準備して、支払い総額をおさえて通常よりも30万円は安く購入してください。

 

新車グレード価格表

キャスト アクティバ グレード

 

グレード名 新車価格 発売日 燃費
X 122万円 2016.6.20 30.0 km/L
X SA II 128万円 2016.6.20 30.0 km/L
X 4WD 135万円 2016.6.20 26.8 km/L
X SA II 4WD 141万円 2016.6.20 26.8 km/L
G SA II 141万円 2016.6.20 30.0 km/L
G プライムコレクション SA II 147万円 2016.6.20 30.0 km/L
Gターボ SA II 151万円 2016.6.20 27.0 km/L
G SA II 4WD 154万円 2016.6.20 26.8 km/L
Gターボ プライムコレクション SA II 158万円 2016.6.20 27.0 km/L
G プライムコレクション SA II 4WD 160万円 2016.6.20 26.8 km/L
Gターボ SA II 4WD 164万円 2016.6.20 25.0 km/L
Gターボ プライムコレクション SA II 4WD 171万円 2016.6.20 25.0 km/L

 

 

キャスト スタイル グレード

 

グレード名 新車価格 発売日 燃費
X 122万円 2016.6.20 30.0 km/L
X SA II 128万円 2016.6.20 30.0 km/L
X 4WD 134万円 2016.6.20 26.8 km/L
X SA II 4WD 140万円 2016.6.20 26.8 km/L
G SA II 141万円 2016.6.20 30.0 km/L
G プライムコレクション SA II 147万円 2016.6.20 30.0 km/L
Gターボ SA II 151万円 2016.6.20 27.0 km/L
G SA II 4WD 153万円 2016.6.20 26.8 km/L
Gターボ プライムコレクション SA II 158万円 2016.6.20 27.0 km/L
G プライムコレクション SA II 4WD 160万円 2016.6.20 26.8 km/L
Gターボ SA II 4WD 164万円 2016.6.20 25.0 km/L
Gターボ プライムコレクション SA II 4WD 170万円 2016.6.20 25.0 km/L

 

 

キャスト スポーツ

 

グレード名 新車価格 発売日 燃費
SA II 162万円 2016.6.20 24.8 km/L
SA II 4WD 174万円 2016.6.20 24.6 km/L

車購入の予備知識

安く押さえることが

車のプライスは、集客料金を安く押さえることができれば、それだけ評価額がアップすることになります。逆声明すれば、集客経費が安く抑えられるから高値で売れる、と言っても誇張ではないでしょう。そこを表しているのが、今時人気の一括査定サービスです。
各業者が利用者のニーズに合った自動車を多く用意しているので、自然とお客さんが集まるようになっています。集客費用を安く抑えることができ、競合他社が自然とバリューを競ってくれて、高値を具体化しています。ネットというのは、車を高値で売るには最適の手段で、集客費用を安く上げることができます。
効力的なウェブサイトを作れば、立てて集客のために特別な広告費をかける必要はありません。先ずもって、注目すべきな例は、ヤフオクなどのネットオークションでしょう。これを使うことで集客は全く課題ありません。しかも、ネットオークションは数多くの人が見ているので、労せずして、費用をかけなくても集客できることになります。オークションで車を売却すると、思わぬ高値を実行できるケースがあります。集客費用が安く抑えられて高値で売れる最高のパターンと言えます。

 

 

査定あとに申告されていない

二重査定制度といった仕組みがあります。これは、再査定制度とも呼ばれているものです。どういう制度かというと、査定あとに申告されていないダメージが見つかった時、買い取り業者が査定金額を変更できるというものです。買取りディーラーは、評価した後にダメージが見つかると、予想していた額で転売できなくなります。
査定の際、車のコンディションをごまかして申告し、それが後ほどわかった場合などに、この制度が適用され、査定額が変更されてしまいます。要するに、一回は高い査定額が提出されても、後で査定額が変わってしまうということです。再査定制度は、根本的に買取店の赤字を防ぐもので、買取店に有利に働くようになっています。
そのため、店側としては、査定に出す度、車の状態を正確に申告する必要があります。始めに正確な査定額を出してもらえるよう、自らが知る限りの損傷は全てきちんと申告することです。査定前に事前に申立てしていれば、それが重度であったとしても、査定側の義務になり、後で減額されることはありません。再査定制度は、じつは大部分の業者が採用している、契約書に小さく書かれていることが多いので、よく確認しておく必要があります。

 

 

【新車購入】やってしまいがちな失敗談